焼酎は二日酔いになりにくいってホント?

お酒を飲んでいくと、酔いやすいタイプと酔いにくいタイプに分かれていくことがわかると思います。つまり、お酒に強い方と弱い方です。酔いにくいお酒を飲めば、二日酔いになるリスクも大幅に少なくなります。

こちらではどうしてもお酒を飲まなければならない場面で、どのようなお酒を選択すればよいかを知るためにも二日酔いになりにくいお酒と、二日酔いになりやすいお酒を紹介します。
これをマスターすれば、あなたもお酒に強くなる事が出来ます。

・焼酎は二日酔いになりにくいお酒!

焼酎は二日酔いになりにくいお酒として非常に有名です。明日仕事がある場合には、必ず焼酎を飲む、といった方も多いのではありませんか。

焼酎が二日酔いになりにくい理由として、アルコールが1種類しかないことがあげられます。エタノール1種類しか含まれていないのです。複数のアルコールが含まれている場合には、酔いやすくなってしまいます。

しかし、日本酒のほうがアルコール度数が低いこともありますよね。なぜ、アルコール度数の高い焼酎のほうが酔いにくいのか、ということを不思議に思っている方も多いと思います。

そこで注目して欲しいのが、アルコールの分解時間、といったものです。たとえば酔いやすいお酒であるビールや日本酒は複数のアルコールが含まれているのです。アルコールを分解するときに複数のアルコール部のアセトアルデヒドが発生してしまいます。分解する力を分散させてしまうので、長時間に渡りアセトアルデヒド型内にある状態となってしまうのです。
一方で、焼酎はアルコールが1種類だけです。アルコールの分解も圧倒的に早くなるので、二日酔いになりにくい、といった状態を獲得できるわけです。簡単に言ってしまえば、分解能力を1種類のアルコールに集中できるわけです。

・温かいお酒と冷たいお酒|二日酔いになりやすいのはどっち?

実は温かいお酒のほうが良い安いことが分かっています。温かいアルコールは、アルコールの吸収を促進させてしまう、と言われているのです。そもそも、胃腸は温められると能力が高められるような状態になってしまいます。胃や腸が活動的になるのです。吸収力も当然高まってしまい、良いも早くまわります。

冷たいお酒であれば、胃や腸をそれほど刺激しません。吸収率をそれほど高めないような状態がキープされるイメージです。

ちなみに温かいお酒の場合は、湯気が出るので鼻の粘膜からも吸収される、といった特徴があります。アルコールは揮発性が高いので、温めると粘膜吸収される確率が高まる、といったことも覚えておくべきです。

お酒に強くなる方法が知りたい方は、まずは、焼酎を飲んでみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ